クルマを所有している方であれば知っていると思いますが、自動車税が課税されます。そして自動車税は、手放す中古車買取の際に当然のように還ってくるのです。このような事は実際に実行するとすぐ頭に入ってくると思いますが一から順番に簡易的に案内しましょう。事前に説明をさせて頂けば、日本で作られているクルマだけでなく海外の車でも税金が戻ってくる範囲に決まっています。当然車なども当てはまります。自動車税というのは車のオーナーが支払うものでこれは自動車の排気量で決められています。1リッターより小さいならば29500円、1リッターより上で1.5リッターまでだと34500円。これ以降は500ccずつ5000円ずつが乗ってきます。そしてこのお金は4月1日時点の保有者が、年度内の自動車税を納める義務があります。ということは先払いになるということですから、勿論愛車を手放して所有権がなくなった時は先に払った分の税は還付されるんですね。この自動車税の場合は先払いで来年3月までの全額を支払いますので一年以内に車を引き取ってもらった際は新しいオーナーがこの税を納めなければいけないということです。売却相手が専門店でしたら、買い取り時にあなたが先払いしている分のお金を返金してもらえます。まとめると、所有権が移転された時以降の自動車税は入れ替わった所有権を持った人が支払わなければならないのです。もしも自分が10月の間に車を売却した時は、11月から翌年3月中までの税額は返金されます。それは、前述の通り自動車税は一年分を前払いしているという事実からもわかります。要は、前所有者は買い取った相手に税金を返還してもらうということになります。個人で愛車を引き取ってもらうときに意外とこのことを忘れている方が見受けられるのできちんと確認をとるようにしてください。自動車税が自動車を手放すと戻ってくるということをあまり知らない人が多い事を利用して、それを悪用している業者もいます。こちらから自動車税の返金についての話題を出さなければ全くそのことに言わないということもしばしば聞かれます。ですからクルマの売却をする場合は、払いすぎたお金が返ってくることを確認することを忘れないようにしましょう。