処分をする車の売却額査定のポイントとして重要度の大きいものに走行距離などがあげれられます。走行距離はその車の消費期限とみなされることも多くありますので走行距離というのは長ければ長いほど、査定にはマイナス面になるでしょう。普通は走行距離だけで見れば短いとそれだけ見積額は高値になりますが、本当のところそれほど細かい線引きはないため、定められた基準で査定が行われます。このことは実際車を中古車買い取り専門業者で見積りする際も重視される大切な要点です。例えば普通車ですと年間標準走行距離1万キロを基準として10000km以上走っていると多くの場合マイナス査定になります。軽自動車では、年間8千kmがまた年式が古い割に走っている距離が少ないとしても査定額が上がるとも一概には言えません。本当にやると良く感じられると思いますが、自動車は定期的に乗ることによっても車両の状態を保ちますからあまりにも走行距離が短い車であれば故障が起きやすいと見られる場合もあります。もちろん自動車を売る際も例外ではありません。普通は年式と走行距離での見積査定の留意点は乗っていた期間にたいして程よい走行距離であるかという点です。次に自動車の経過年数も車査定の注意点です。十分把握してるというかたが多いと考えていますが、通常は年式が最近であるほど査定をする上で優位なのですが稀にですがそのシリーズにプレミアが付いているブランドは昔の年式の車でもプラス評価で査定してもらえることもあるのです。同じもので同じ年式の場合でもちょうどその年にモデルチェンジや仕様変更などがあったケースはもちろん、それぞれのモデル次第で買取額は変わってきます。中古車を査定するというような場合でも状況により売却時の金額は多少相違してくるものです。