クルマを買い取ってもらう際、さらに車の査定時も印鑑証明という書類が必要です。この印鑑証明というものについて説明しましょう。印鑑証明書とは、ある印鑑が実印で間違いないということを保証するための書面です。これがない場合には使っている印鑑が実印として効力を持つかどうかが保証できません。個人にとっては相当高額な取引になる愛車の買い取りのため必然的に実印が必要ですがそれと同時に印鑑証明が必要となるのです。印鑑証明という書類をつくるためには、印鑑証明をしなければなりません。印鑑証明に登録するはんこは正式には実印と呼ばれ、この世に一つだけの印でなくてはなりません。この実印を手配して、お近くの市役所などの取次ぎ所に行くことで、印鑑登録できます。印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードというものが交付されそのはんこは実印になったということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうには市町村役場の受付へ行き、専用の書類に必要項目を書き込んで印鑑登録カードを持参する必要があります。また、自動交付機を使って印鑑証明の書類を交付してもらうことができます。印鑑証明には有効期限はありません。ですから、どんなに前の印鑑証明でも証明書としての効力は消えないことになります。ですが、中古車買い取りの際には必要になるのは3ヶ月以内に発行された書類とされています。通常は有効期限などはありませんがクルマ買い取り時には買取先が期限を設定していますので、もしも車両の売却予定の車があるのならば、買い取りが成立する前に持っておくことが望ましいです。